MetaMask(メタマスク)をダウンロードしてウォレット(お財布)を作成する方法

こちらの記事では、MetaMask(メタマスク)をGoogle Chromeにダウンロードして、ウォレット(お財布)を作成する方法を画像を使ってわかりやすく解説していきます。

NFTを購入するときにMetaMask(メタマスク)が必要となるので、こちらの記事を見ながらダウンロードしていきましょう!

目次

MetaMask(メタマスク)とは

日記*NFTスタートの初動おこしてみた | ◇◇... act イラストフリー素材blog

MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアムブロックチェーンに対応した暗号資産(仮想通貨)ウォレットです。

簡単に説明すると、暗号資産(仮想通貨)を扱うときに使用するお財布みたいなもので

NFTを買いに行くのに、お財布(MetaMask)にお金(ETH)を入れて買い物へ行くイメージです。

MetaMask(メタマスク)には、イーサ(ETH)などの暗号資産(仮想通貨)の送受信や管理、NFTの保管などをすることができます。

それではMetamask(メタマスク)Google Chromeにダウンロードしてウォレット(お財布)を作成していきます。

Metamask(メタマスク)をダウンロードする

まずは、Metamask(メタマスク)の公式サイトへいきましょう。

公式サイトはこちら

Metamask(メタマスク)は偽物のサイトもあり、お金を盗まれるケースもあるので、必ず正しいURLからダウンロードしてください(上記のURLは安全です)。

公式サイトを開いたら「Download」をクリックしてください。

Chrome ウェブストアが表示されるので、「Chromeに追加」をクリック

「拡張機能を追加」をクリック

パスワードを設定する

次に、パスワードを設定していきます。

「開始」をクリック

こちらは「同意する」をクリック

初めて作成する場合は、「ウォレットを作成」をクリック

パスワードを入力(最低8文字)

パスワードの確認にも入力

「利用規約を読んで同意しました」の◻にチェックし、「作成」をクリック

動画を確認し、「次へ」をクリック

シークレットリカバリーフレーズを確認する

シークレットリカバリーフレーズとは、12単語のフレーズで、銀行の暗証番号のようなものです。

シークレットリカバリーフレーズは絶対に他の人に教えてはいけません!
MetaMaskにある資産を全て盗まれてしまいます。

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」からシークレットリカバリーフレーズ(12個の英単語)を確認し、大切に保管してください。

シークレットリカバリーフレーズをメモしたら「次へ」をクリック

シークレットバックアップフレーズの確認を行い、「確認」をクリック

シークレットリカバリーフレーズの確認が終わりました。

「すべて完了」をクリック

これでMetaMask(メタマスク)のウォレットを作成することができました。

Metamask(メタマスク)を開いて名前を変更

MetaMaskの名前が「Account1」なので、変更しましょう!

Metamask(メタマスク)を開くときは、通常「Google Chrome」の「拡張機能」から開きます。

「Google Chrome」の右上にあるパズルのようなアイコン(拡張機能)からMetaMaskを見つけてください。

MetaMaskの右にあるピンを押すことでMetaMaskアイコンが常に表示され、選択しやすくなるのでおすすめです。

「MetaMask」をクリック

拡張機能が開き、右上の「︙」から「アカウントの詳細」をクリック

えんぴつアイコンをクリック

お好きな名前に変更し、チェックマークをクリック

右上の「✕」をクリック

これでMetamask(メタマスク)の名前を変更することができました。

まとめ

これでMetaMask(メタマスク)をダウンロードしてウォレット(お財布)を作成する事ができました。

シークレットリカバリーフレーズを教えることは、銀行口座の暗証番号を教えるようなものなので、取り扱いには注意してください。

MetaMaskの準備ができたので、次は暗号資産(仮想通貨)を購入してMetaMaskに送金してみましょう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次