おすすめのNFTマーケットプレイスとは?

NFTのマーケットプレイスを紹介します。

すでに上記について詳しい方は、改めて確認するつもりで読んでみて下さい。

目次

おすすめのNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT

国内で仮想通貨取引所を運営しているCoincheck社のNFTマーケットプレイスです。  

通常ガス代という手数料がかかりますが、Coincheck NFTでは出品でも購入でもガス代がかかりません。

取り扱っているコンテンツ

・ゲームアセット

・トレーディングカード

決済に利用可能な暗号資産

・イーサリアム

・ビットコイン

・リスク

・リップル

・ネム

・ライトコイン

・ビットコインキャッシュ

・モナコイン

・ステラルーメン

・クアンタム

・ベーシックアテンショントークン

・トークン

・IOST

・エンジンコイン

販売手数料

販売手数料 10%

出庫手数料 0.01から0.16ETH

対応ウォレット

MateMask

日本円には対応していません。

DMM Bitcoin

DMM.comの名前で有名なDMMグループは、動画配信、オンラインゲーム、FX、英会話など様々なサービスがあります。

仮想通貨事業の一環としてDMM Bitcoinを提供しています。  

売買手数料が無料で初心者でも安心して使えるサービスです。

決済に利用可能な暗号資産

・ビットコイン  

・イーサリアム  

・リップル  

・ベーシックアテンショントークン  

・クアンタム  

・ステラルーメン  

・モナコイン  

・ネム  

・ライトコイン  

・イーサリアムクラシック  

・ビットコインキャッシュ  

・オーエムジー  

・テゾス  

・エンジンコイン

販売手数料

売買手数料 無料

BitMatch取引手数料を除く

対応ウォレット

MateMask

日本円には対応していません。

AdambyGMO

GMOインターネットグループの子会社、GMOアダム株式会社のNFTマーケットプレイスです。  

現在は、β版のみのリリースで、一般のアーティストは出品できない仕様となっています。

取り扱っているコンテンツ

・デジタルアート

決済に利用可能な暗号資産

・イーサリアム

販売手数料

販売手数料:5%

クレジットカード決済手数料:3%

振込手数料:300円(日本円取引)

対応ウォレット

MateMask

日本円対応

クレジットカード・銀行振込可能

nanakusa

株式会社スマートアプリの登録制NFTマーケットプレイスです。  

公認クリプトアーティストと呼ばれるスマートアプリに認められたクリエイターしかNFT販売できないため、詐欺などのトラブルに遭う心配がありません。  

デジタルアート、3Dアート、ピクセルアート、フォトグラフ、ミュージシャン、Vtuberなど様々なジャンルから選ばれているため見ているだけでも楽しめます。  

取り扱っているコンテンツ  

・デジタルアート

・デジタルミュージック

・フォトグラフ  

決済に利用可能な暗号資産  

・イーサリアム  

・Polygon  

販売手数料  

非公開  

対応ウォレット  

MateMask  

日本円対応クレジットカード可能

楽天NFT

楽天NFTは、日本円と楽天ポイントでの支払いに対応しているNFTマーケットプレイスです。

楽天IDを使ってログインできて、楽天ポイントが貯まり、楽天ポイントが使えて日本円でNFTを取引できるのがメリットです。

Rakuten NFTは、IPホルダーから購入したNFTプロダクトを個人間のマーケットプレイスで転売することができます。

個人間で2次販売したり、3次販売もできます。

2次販売、3次販売される時にも、クリエイターには一定の金額が支払われます。

Rakuten NFTは、独自のプライベートブロックチェーンを利用しています。

プライベートブロックチェーンとは、特定の管理者が存在していて、範囲が限定されたブロックチェーンの事です。

楽天会員同士でNFTの取引ができます。

プライベートブロックチェーンにすることによって、お客さんの声が届きやすい、信頼できるセキュリティが提供されるなどのメリットがあります。

取り扱っているコンテンツ  

・漫画

・アニメ

・スポーツ

・アイドル

・アート

・音楽

決済方法

・クレジットカード

・楽天ポイント

OpenSea  

OpenSeaは世界最大級の取引量を誇るNFTマーケットプレイスです。

価格の高いものから最新のトレンドのものまで幅広くチェックすることができます。

2021年からNFT市場を支えてきたマーケットで、今でも市場を引っ張っている存在のマーケットプレイスです。

日本のクリエイターもたくさん出品しています。  

取り扱っているコンテンツ

・デジタルアート

・ゲームアセット

・トレーディングカード

・デジタルミュージック

・ブロックチェーンドメイン

決済に利用可能な暗号資産

・イーサリアム

・Polygon

・Klaytn

・テゾス

販売手数料

2.5%

対応ウォレット

・MateMask

・Torus

・Portis

まとめ

今回は、おすすめのNFTマーケットプレイスをいくつか紹介しました。

おすすめのNFTマーケットプレイスについて知りたかった方は参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

各NFTマーケットプレイスで取り扱っているコンテンツが違うので、自分が売買したいコンテンツがある所を選ぶと良いです。

どこで出品・購入するか迷った場合は、全世界で最も利用されているOpenSeaを選択されると間違いありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次